男性

習性を知った上でスズメバチ駆除をする【業者を利用して完全駆除】

素早く対処するために

害虫駆除

害虫駆除の基本は、まずはどんな虫なのかを特定することですから、インターネットサイトを利用しておくと良いです。市販されているものにはさまざまなものがあるのですが、自宅に適したものを上手に使い分けておきましょう。

View Detail

ノミの駆除で快適な生活を

散布機

ノミは動物に寄生するばかりではなく、人に寄生する物もあるのでペットを飼っていない家庭でも油断はできません。もしノミに寄生されてしまった時は、駆除剤の使用はもちろん掃除や洗濯をこまめにして駆除しましょう。またノミ駆除では、成虫をつぶす行為はNGです。これは卵と条虫をばらまくことになるのでやめましょう。

View Detail

習性と駆除方法

蜂

アシナガバチの習性

アシナガバチはスズメバチに比べておとなしく、また毒も弱い。しかし、スズメバチ同様、アナフィラキシーショックによる死亡例があるため、危険な昆虫である。過去にアシナガバチにさされたことがある人、蜂の毒にアレルギーがある人はとりわけ注意が必要である。アシナガバチの活動の被害が増えるのは夏から初秋である。働き蜂が羽化して活動が活発化するため、また繁殖期に興奮しやすくなるためである。この時期は特に巣を守ろうと巣に近づく物体に対して攻撃してくる。アシナガバチの被害を受けない最大の方法は近づかないことである。しかし、近づかざるを得ない場所に巣が作られてしまった場合は、アシナガバチ駆除が必要となる。また、食べ物などの甘いにおいも蜂に対して悪影響を与えることがあるので注意が必要である。

具体的な駆除方法

まず、アシナガバチ駆除の際に刺されないように肌の露出がない服装を着用することが必要である。攻撃性や毒性はスズメバチに対して小さいが、刺されないようにする対策は必須である。次にアシナガバチ駆除は夕方から夜間に行う必要がある。これはアシナガバチが昼行性で、夕方に巣に戻ってきて活動を弱めるからである。この状態で少しはなれた場所から十分な量の殺虫剤を噴霧する。風上から行うこと、巣の横から噴霧することがポイントである。殺虫剤を振り掛けてから一晩放置して巣を叩き落し、死んだ蜂ごと袋に入れる。これでアシナガバチ駆除は完了する。このような作業なので、蜂に刺されないようにする対策が十分実施できていれば素人でも対応はできるが、夜間作業であることや場所によっては駆除しにくい場合があるので、専門の業者にアシナガバチ駆除を委託することも検討したほうが良い。

退治するポイント

巣

アシナガバチは昼行性のハチなので、夜に駆除する事をおすすめします。市販の駆除剤を使い、巣やハチを退治しましょう。ノズルを引くだけで使える、スプレー式は殺虫剤を吹きかけるだけという事もあり、素人でも簡単に使用できます。

View Detail